登録講師になるには

登録講師になるには
日本プロフェッショナル講師協会™の登録講師になる方法、および認定の仕組みについてご案内いたします。

登録講師になるには

日本プロフェッショナル講師協会™の登録講師には、未経験でもエントリーすることが可能です。講師経験がおありの場合には、すぐに研修会社や企業とのマッチングが可能ですが、未経験者の場合にもアシスタントの機会などがありますので、どんなステージの方にも機会を提供することを目指しております。

「日本プロフェッショナル講師協会」では、

  • 1) 登録講師・登録アシスタント講師
  • 2) 認定講師
  • 3) 上級認定講師
  • の3種類の区分を設けて、研修会社や企業とのマッチングがスムーズにいくように進めています。

    1の「登録講師・登録アシスタント講師」には、会費をお支払いいただくことで、どなたでもエントリーが可能です。そして、ご登録いただくと、様々なツールや動画にもアクセスできるようになりますので、講師や講師を目指す方のスキルアップや学びの場も合わせて提供していきます。

    2の「認定講師」については、上記の会費のお支払いに加えて研修講師認定試験に参加いただだいた方のみが対象となります。基本的には、プロフィールと研修資料、そして模擬登壇を拝見し、一定のレベルをクリアした方を認定いたします。(目安は一般的な研修会社のプログラムを問題なく運営できるレベル)

    3の「上級認定講師」については、研修の登壇実績や専門性、またその他の要素を多面的に考慮して認定いたします。

    日本プロフェッショナル講師協会では、登録講師から認定講師へ、そして認定講師から上級認定講師へ、講師の皆さんがレベルアップするために必要な学びも整えていくことで、日本全体の教育や学びの質を高めていくことに貢献いたします。


    講師登録はこちらから

    認定の仕組み

    日本プロフェッショナル講師協会™の認定の仕組みは、講師として必要とされる基礎的なスキルとマインドをアメリカの非営利研究団体の作成したコンピテンシーを参考にして体系化しています。
    このアセスメント基準は、日本においても、まったくのゼロから研修講師を育成する「ゼロから講師プログラム」においてすでに10年ちかく活用されています。
    1)ビジネス基礎
  • 参加者と効果的にコミュニケーションがとれる
  • プロとしての知識やスキルを常に向上させ続ける
  • 倫理的、法的な基準を守る
  • プロとしての信頼性を確立し、保つ
  • 2)企画と準備
  • 指導方法を計画し、資料などをそろえる
  • インストラクションの内容を準備する
  • 3)管理運営
  • 学びとパフォーマンスを促進する環境を整える
  • 適切なテクノロジーを通じて指導プロセスをマネジメントする
  • 4)指導方法
  • 参加者のモチベーションと意識を刺激し、保つ
  • 効果的なプレゼンテーションスキルを用いる
  • 効果的なファシリテーションスキルを用いる
  • 効果的な質問スキルを用いる
  • 説明やフィードバックを提供する
  • 知識やスキルを持ち帰ることを推奨する
  • 知識やスキルを他の人へ伝達することを推奨する
  • 5)評価
  • 学びとパフォーマンスをアセスメントする
  • 教育効果を評価する

  • 認定試験は、登壇審査とテキスト審査にて行い、レベルによって「認定講師」と「上級認定講師」の認定をいたします。

    認定試験の情報は、定期的にご案内しておりますので、開催時期のご案内を受け取りたい場合には、こちらからご登録をお願いいたします。
    ご案内を受け取る
    ※すでに会員の方については事務局まで最新日程をお問い合わせいただければ回答いたします。

    公式認定試験サポート講座について

    日本プロフェッショナル講師協会™の認定試験に向けて、公式認定試験サポート講座を運営しております。

    ●講師力養成講座

    2日間を通じて、研修プログラム設計、資料作成、プレゼン、ファシリテーションのスキルを学ぶ講座です。認定試験対策としてのご受講をご希望の方には、認定試験で実際に使うアセスメントシートをお渡しいたします。

    >>やる気を引き出す講師力養成講座

    ●共感プレゼンテーション徹底講座

    プレゼンテーションの基礎力強化、自分らしい話し方の発見、情熱的・論理的な話し方のコツ、参加者の巻き込み方など、プレゼンテーションの基本的なスキルを網羅的に学ぶことができます。人前に立って話すことに自信がない方はこちらの講座をお勧めします。

    >>共感プレゼンテーション徹底講座