注文書兼注文請書の雛形

※この記事は有料会員向けです。

他の講師の方に研修業務を委託する際、あるいは企業からの発注を受けた段階で書面を残しておきたいときに、「注文書兼注文請書」は非常に便利です。場合によっては「キャンセルについての規定」などを入れておくことによって、「話が進んでいたのに急にダメになった」というリスクを避けることができます。

契約書よりも気軽に使えますので、ぜひ研修受注した際に使うようにしてみてくださいね。

これより先は登録講師&有料会員向けのコンテンツです。

すでに会員の場合には、こちらからログインしてください。

関連記事

  1. 【動画】フリーランスのための資産運用セミナー

  2. キャリア形成の3タイプ

  3. 2019年1月10日 講師アサインの仕組み イメージ

    【動画】講師アサインの仕組み

  4. 九州で活躍!働き方改革コンサルタント 園田博美さん

    【動画】「九州で活躍!働き方改革コンサルタント」(園田博美さん)

  5. 【動画】『ニュータイプの時代』著者 山口周氏が語るビジネスの未来

  6. 【動画】JPIA新人歓迎会 先輩講師の方がJPIAの活用方法を語る!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。