注文書兼注文請書の雛形

※この記事は有料会員向けです。

他の講師の方に研修業務を委託する際、あるいは企業からの発注を受けた段階で書面を残しておきたいときに、「注文書兼注文請書」は非常に便利です。場合によっては「キャンセルについての規定」などを入れておくことによって、「話が進んでいたのに急にダメになった」というリスクを避けることができます。

契約書よりも気軽に使えますので、ぜひ研修受注した際に使うようにしてみてくださいね。

これより先は登録講師&有料会員向けのコンテンツです。

すでに会員の場合には、こちらからログインしてください。

関連記事

  1. 若手社員の後輩指導「褒め方叱り方」

  2. 【動画】現役局アナウンサーが教える!「オンラインで伝える技術」

  3. 【動画】理想のお客様を引き寄せる ストーリー戦略

  4. 新入社員研修「報連相の基礎」

  5. 【動画】ZOOMを使ったオンライン研修 効果的な運営のポイント

  6. 【動画】ファンがいるからうまくいく ! あなたのサービスを待ち望むファンを 3ヶ月で100人つくる方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。