注文書兼注文請書の雛形

※この記事は有料会員向けです。

他の講師の方に研修業務を委託する際、あるいは企業からの発注を受けた段階で書面を残しておきたいときに、「注文書兼注文請書」は非常に便利です。場合によっては「キャンセルについての規定」などを入れておくことによって、「話が進んでいたのに急にダメになった」というリスクを避けることができます。

契約書よりも気軽に使えますので、ぜひ研修受注した際に使うようにしてみてくださいね。

これより先は登録講師&有料会員向けのコンテンツです。

すでに会員の場合には、こちらからログインしてください。

関連記事

  1. 研修の詳細を設計するための研修タイムライン(サンプル&テンプレート)

  2. 【動画】ロジカルコミュニケーションでわかりやすく伝える

  3. 書類が通る!講師プロフィール作成のポイント

    【動画】書類が通る!講師プロフィール作成のポイント

  4. 高額セミナーの分割支払いについての覚書

  5. 若手社員の後輩指導「効果的な話の聴き方」

  6. 研修プログラム設計シート(サンプル&テンプレート)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。