注文書兼注文請書の雛形

※この記事は有料会員向けです。

他の講師の方に研修業務を委託する際、あるいは企業からの発注を受けた段階で書面を残しておきたいときに、「注文書兼注文請書」は非常に便利です。場合によっては「キャンセルについての規定」などを入れておくことによって、「話が進んでいたのに急にダメになった」というリスクを避けることができます。

契約書よりも気軽に使えますので、ぜひ研修受注した際に使うようにしてみてくださいね。

これより先は登録講師&有料会員向けのコンテンツです。

すでに会員の場合には、こちらからログインしてください。

関連記事

  1. 【動画】講師やコンサルのためのインスタグラム集客戦略セミナー

  2. 組織改革「組織や風土が変わるプロセス」

  3. 【動画】第一回 zoomラジオ企画「地方で仕事を取るには?」

  4. 組織改革「部署間の壁」に気づくワーク

  5. 【動画】研修会社 アルー株式会社様コラボセミナー

  6. 1ヶ月でチャンネル登録1万人!YouTubeのはじめ方

    【動画】1ヶ月でチャンネル登録1万人!YouTubeのはじめ方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。