注文書兼注文請書の雛形

※この記事は有料会員向けです。

他の講師の方に研修業務を委託する際、あるいは企業からの発注を受けた段階で書面を残しておきたいときに、「注文書兼注文請書」は非常に便利です。場合によっては「キャンセルについての規定」などを入れておくことによって、「話が進んでいたのに急にダメになった」というリスクを避けることができます。

契約書よりも気軽に使えますので、ぜひ研修受注した際に使うようにしてみてくださいね。

これより先は登録講師&有料会員向けのコンテンツです。

すでに会員の場合には、こちらからログインしてください。

関連記事

  1. オンライン研修で使えるアイスブレイクワークコンテスト!

    【動画】オンライン研修で使えるアイスブレイクワークコンテスト!

  2. Zoomライブ中継 実施のポイントと注意点

    Zoomライブ中継 実施のポイントと注意点

  3. 【動画】アフターコロナの研修業界についてクリエイティブに語る!

  4. 【動画】才能を活かして あなたならではの仕事をする

  5. 【動画】新人研修2022傾向分析

  6. 【動画】「"オンライン講座の教科書"著者が教える!受講者が次々集まる"売れるオンライン講座"のつくり方」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。