受講者の気持ちを惹きつけるうまい話の入り方5選

※この記事は無料会員向けです。

受講者の気持ちを惹きつけるような、うまい話の入り方はありますか。


受講者が興味を持ってもらえるような、インパクトのあること、説得力のあることを最初に伝えることがおすすめです。

研修は、最初と最後、特に最初が大事です。冒頭がつまらなければその小説を読む気がなくなってしまうように、最初がつまらない研修は、受けたくなくなってしまいます。

受講者が研修に集中できるかどうかは、最初にかかっているのです。受講者は講師に期待しています。どんな話をするのだろう?どうやって充実した時間を提供してくれるのだろう?と思っています。受講者の期待を受け止めて気持ちを安心させるためにも、最初の一言目が肝心なのです。

研修で受講者の気持ちを惹きつけるやり方は、いくつかあります。ここでは受講者の気持ちを惹きつけるためのテクニックを5つ集めました。全てのテクニックを使いこなして、いい研修を行いましょう。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

関連記事

  1. 知的好奇心を掻き立てる三段論法とは

  2. 研修会社に聞きました!株式会社ジェイック様

  3. 2019年3月の案件情報

  4. 2019年1月の案件情報

  5. 第6回スター講師誕生!2020 優勝 横川敏幸さん

    スター講師誕生!2020 JPIA会員の横川敏幸さんが優勝

  6. 2019年7月の案件情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。