受講者がなるほど!と思う話し方のコツ

※この記事は無料会員向けです。

自分自身の知識やノウハウを研修としてまとめているのですが、自分が思うほど受講者に納得してもらえないことが多いです。受講者が受け入れやすくなるような話し方のコツはありますか。


受講者が自分の言うことを納得してくれるかどうかとても不安になりますよね。特に、初めてその内容を研修として取り扱うというときは、ちゃんと説明できるだろうかと色々と思い悩んでしまいます。

受講者がなるほどと思えるような話をするには、いくつかのコツがあるのでご紹介します。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

関連記事

  1. 「妄想」を「現実」にする力をつける「ドロシー手帳術」ミニセミナー アイキャッチ

    「妄想」を「現実」にする力をつける「ドロシー手帳術」ミニセミナー

  2. 「手帳で世界平和!」YouTubeで手帳術を発信中

    「手帳で世界平和!」YouTubeで手帳術を発信中

  3. LINE採用革命 アイキャッチ

    『LINE採用革命 LINEを使えば御社の採用人数を2倍に増やせます!』 斎藤元有輝 著 standards

  4. 2019年8月の案件情報

  5. これから講師を目指す方へ、良い講師になるために必要なものとは?

  6. 研修内容を組み立てる際に考慮すべき受講者の8つの要素

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。