オススメ!DVDプレスのサービス

【DVDプレス】不特定の方に配布する場合にはコピーではなくプレスを

ご自身のセミナーなどの動画をDVDやBlu-rayディスクにして配布することもあると思います。パソコンにて自分でDVDやBlu-rayディスクに焼いて配布することも可能です。しかしパソコン上で簡単にできるこの作業は「コピー」となるので、コピーガードがついておらずダビングすることができてしまいします。あなたの動画が簡単にコピーして再配布されないためにも、不特定の方に配布する可能性がある場合にはDVDやBlu-rayプレスするようにしましょう。

テックトランス(http://www.tech-t.co.jp/index.html

会員登録を行えば、ウェブ上で商品の購入・決済・入稿ができます。DVDプレスは海外でのDVDプレスか国内でのDVDプレスか選択することができ、またケースの種類によってさまざまなパッケージが用意されています。一般的なトールケースに入れてDVDパッケージを行うトールケースパッケージコースは、トールケース用のジャケット印刷やキャラメル包装も含めて海外DVDプレスでは納期11営業日・100部¥58,752、国内DVDプレスでは納期9営業日・100部¥102,900です。

 

オリジン(https://www.trap-d.biz/)も、海外DVDプレス・国内DVDプレスの選択、ケースの選択が可能です。DDPマスターであれば、ウェブ上から入稿ができます。海外トールケース用のジャケット印刷、レーベル印刷、シュリンク包装を含めたサービスは、海外DVDプレスの場合は300枚¥59,590、国内DVDプレスの場合は300枚¥94,550です。オリジンは、ジャケット印刷に力を入れており、クライアントの要望に応えられるよう事前に詳細なヒアリングを行ってくれます。

 

CD,DVDプレス.JP(http://cdpress.jp/)は、DVDプレスを全工程請け負ってくれる会社です。出来上がりの要望と使用用途等をヒアリングし、その要望に沿ってベストな工程を選択し、商品を仕上げてくれるお任せサービス、作業工程や仕様は要望に沿うような形ですすめ、作業のみ行う丸投げサービスを提供しています。専属の営業マンがヒアリングなど対応してくれるので、DVD制作をしたいけれど何から始めたらよいのか分からない方にはお勧めです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一度は受けてみたい!イメージコンサルティングサービス

  2. 2019年2月の案件情報

  3. 2018年10月の案件情報

  4. 2018年9月の案件情報

  5. 利用ニーズに合った会議室を探してコストを抑えよう

  6. 2019年5月の案件情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。