研修当日の緊張感を和らげるには

※この記事は無料会員向けです。

研修当日緊張することが多いのですが、どうしたら緊張しないようになりますか。


当日緊張しないためには、自分なりのリラックス法を見つけることが大切です。

どれだけ準備をしても、当日の研修は緊張してしまいますよね。うまくいくだろうかとか、本当にこれでいいのだろうかなどと色々考えてしまいます。

緊張それそのものは、悪いことではありません。適度な緊張があった方が集中力が増します。丁寧な研修をやろうという気持ちになれます。

もしも緊張が全くないと、心に油断ができてしまいます。どこか行動が雑になったり、些細な失敗を繰り返したりしてしまうということはよくある話です。緊張がないことで、むしろ失敗につながってしまうんですね。

まず緊張は悪いことではないということから始めましょう。緊張している自分は駄目な人間だと思っていたのなら、その考えは捨ててください。緊張してもいいと思うことが大事です。

しかしながら、過度は緊張はパフォーマンスの低下につながります。緊張しすぎると頭が真っ白になってしまいます。不安な気持ちは受講者へと伝わり、受講者のことを不安にさせてしまいます。これでは研修はうまくいきません。

そこで、ここでは過度な緊張をしないためのコツをいくつかご紹介します。ここに書かれた内容を参考にしつつ、自分なりのリラックス法を見つけるようにしましょう。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

関連記事

  1. 2019年7月の案件情報

  2. オンラインでも好かれる人・信頼される人の話し方 アイキャッチ

    『オンラインでも好かれる人・信頼される人の話し方』 桑野麻衣 著 クロスメディア・パブリッシング

  3. 2020年8月の案件情報

  4. 2020年11月の案件情報

  5. 資料の作成やブラッシュアップも外注できる時代に

  6. アンコンシャスバイアス(無意識の思い込み)入門講座

    アンコンシャスバイアス(無意識の思い込み)入門講座を8月1日(土)にオンラインで開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。