研修内容を組み立てる際に考慮すべき受講者の8つの要素

※この記事は無料会員向けです。

受講者によって同じコンテンツを提供していても、食いつきが違うことが多いです。対象者のプロフィールに応じて研修内容をアレンジするための視点が知りたいです。


おっしゃる通り、研修を成功させるためには、受講者に合わせた入念な準備が必要です。

講師は、研修内容に一つの正解があると思ってしまいがちです。わかりやすい完璧な内容の研修をすることができれば、誰が受講しても問題がないと無意識に考えてしまいます。

しかし、その考えは間違いです。ベースとなるものはできるかもしれませんが、実際の研修内容は、受講者によって多少変える必要があります。

そこで気になるのが、受講者のどういった要素を考慮して研修内容を組み立てればいいのかということです。気をつけるポイントがあるなら、知りたいですよね。

ここでは、研修内容を組み立てる際に、考慮すべき受講者の要素を8つにまとめました。以下の8つを参考にして研修内容や言葉遣いを変えることによって、充実した研修を行うことができるようになりますよ。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

関連記事

  1. わかりやすく知的な話し方ができるパブリックスピ―キング入門講座 2022年9月生募集

  2. 仕事の引き合いが2倍になる!プロフィール作成サービス

  3. 研修会社に聞きました!株式会社ジェイック様

  4. 片づけの波動 アイキャッチ

    『愛と幸せを引き寄せる「片づけの波動」』 藤岡 聖子 著 平成出版

  5. ラジオパーソナリティに学ぶオンライン時代の話し方ワークショップ 基礎編

    ラジオパーソナリティに学ぶオンライン時代の話し方ワークショップ 基礎編

  6. メディア掲載のお知らせ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。