最短距離で話し方が上達する7つのポイント

※この記事は無料会員向けです。

研修講師として、社内で担当になりました。今まで、あまり人前に立って話すような仕事をしてきていないので、上手に話せるようになるにはどうしたらいいのか試行錯誤しています。最短距離で上達するためのポイントを教えてください。


上手に話せるようになるには、目的を持って行動することが大切です。

研修でどうやったら上手に話せるようになるのかということは、講師の永遠のテーマです。特に、初心者でほとんど人にものを教えた経験がないという方は早くスキルアップしたいと思うでしょう。

上手に話せるようになるには、目的を持って日々行動することが大切です。漠然と話しているだけでは、なかなか上手になりません。

そこでここでは、上手に話せるようになるためのポイントを7つにまとめました。これらを参考にして、自分のなりのスキルアップメニューを組み立ててください。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

関連記事

  1. 2019年12月の案件情報

  2. 2018年11月の案件情報

  3. わが子が就活を始めるときに読む本 アイキャッチ

    『わが子が就活を始めるときに読む本』 渡部幸 著 KADOKAWA

  4. 受講者がなるほど!と思う話し方のコツ

  5. これから講師を目指す方へ、良い講師になるために必要なものとは?

  6. 一生懸命話しているのに受講生が曖昧な表情で聞いている・・・どうしたらいいのか

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。