一生懸命話しているのに受講生が曖昧な表情で聞いている・・・どうしたらいいのか

研修中、一生懸命話しているのに受講生が曖昧な表情で聞いていることがあります。もしかしたら私の話し方が悪いのでしょうか。どんな事に気を付ければ受講生にもっとわかりやすく言いたいことが伝わりますか?


熱意を持っても受講生に語りかけても理解してくれている気がしない、どこか上の空で話を聞かれている。そういう経験をしてしまうと、自分の伝え方に自信を失ってしまうこともありますよね。

もしかしたらそれは、あなたの「わかりにくい話し方」が空回りする原因になっているのかもしれません。

そんな状況を避ける為にも、ここでは「わかりやすい話し方」に関する4つのTipsを紹介します。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

  • コメント: 0

関連記事

  1. WWFA認定コーチング イメージ

    講師に必須のコーチングスキルをzoomで速習&資格取得まで!

  2. 【初出版のお知らせ】元採用担当が教える!就職・転職の履歴書・職務経歴書の極意

  3. 【無料セミナーのご案内】誰もが自由に活躍できる夢を叶えるために「無意識な思い込み」に気づく方法 ~ジェンダーレスで真の平等・公平な環境づくりを実現するために~

  4. 2019年2月の案件情報

  5. 11月18日(土)と11月30日(木)開催【キャリアマンス2023 無料フォーラム 】

  6. 初心者でもわかる知的財産権のビジネス戦略 競争力の源泉を創る知財活用法

    『初心者でもわかる知的財産権のビジネス戦略 競争力の源泉を創る知財活用法』 深澤 潔 著 ごきげんビジネス出版

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。