一生懸命話しているのに受講生が曖昧な表情で聞いている・・・どうしたらいいのか

研修中、一生懸命話しているのに受講生が曖昧な表情で聞いていることがあります。もしかしたら私の話し方が悪いのでしょうか。どんな事に気を付ければ受講生にもっとわかりやすく言いたいことが伝わりますか?


熱意を持っても受講生に語りかけても理解してくれている気がしない、どこか上の空で話を聞かれている。そういう経験をしてしまうと、自分の伝え方に自信を失ってしまうこともありますよね。

もしかしたらそれは、あなたの「わかりにくい話し方」が空回りする原因になっているのかもしれません。

そんな状況を避ける為にも、ここでは「わかりやすい話し方」に関する4つのTipsを紹介します。

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、システム上の登録が必要です。が必要です。

すでにシステムの登録がお済みの場合は、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

  • コメント: 0

関連記事

  1. 企業研修開拓力アップセミナー

    ZOOMで簡単受講!企業研修開拓力アップセミナー

  2. 2019年9月の案件情報

  3. その不調「隠れうつ」かも?アイキャッチ

    『その不調「隠れうつ」かも?』 千葉幸恵著 種市摂子監修 マキノ出版

  4. 2020年1月の案件情報

  5. 「一生モノの伝え方が身につく 説明の技術」イメージ

    『一生モノの伝え方が身につく 説明の技術』 石田一洋 著 総合法令出版

  6. 2019年5月の案件情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。