若手社員の後輩指導「ティーチングとコーチング」

※この記事は無料会員向けです。

若手社員向けの後輩指導研修の冒頭でよく入れるのが「ティーチングとコーチングの違い」です。「どこまで教えればいいのか?」「気づかせる方が良いと聞くが、何もわからない後輩に質問してもなかなか答えが出てこない」と言った悩みを抱える人が多いので、最初に相手のステージによって関わり方を変えるという話をします。

さらに、「こんなときどうする?」のあるある事例を使って、ティーチングとコーチングの使い分けについて落とし込んでいきます。

スライド目次

  • ティーチングとコーチング
  • 「ティーチングとコーチング」の使い分けケーススタディ

ここから先はメンバー向けのコンテンツです。

この先のコンテンツをご覧になるには、無料会員登録が必要です。

すでに会員の場合には、こちらからログインしてください。

”無料”
会員登録をご希望の方はこちら!

※会員サイトでは無料で数多くの研修動画も公開されています
※メールアドレスは弊社のプライバシーポリシーにのっとって管理されますのでご安心ください

関連記事

  1. 組織改革「部署間の壁」に気づくワーク

  2. 研修提案書の基本テンプレート

  3. 組織改革「組織や風土が変わるプロセス」

  4. 【動画】理想のお客様を引き寄せる ストーリー戦略

  5. 新入社員研修「報連相の実践!ゲーム形式ワーク」

  6. 【動画】言いたいことがきちんと言える! アサーティブコミュニケーション

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。